話は少しもどります…


出発空港では保安検査がありますね。

初めの頃、その検査にわたしは(わたしだけが)毎回のようにひっかっておりました。

ベルトで3回(ひっかかる基準がいまひとつわからない)

ブーツで3回(ひっかかるとおっさんサンダルに履き替えなければいけない)

100円ライターで1回(ライターは1個しかダメなのにカバンのへんな所にもう1個隠れてた)

大人として華麗に颯爽にクリアーしたいのに、

ひっかかった時のがっかり感ったらもう…。

そんなこんなでひっかかる度に少しづつ学習し、

(旅先でブーツを履きたいときはスーツケースに入れて持って行く)

(どんなベルトも前もってはずしておく)

(タバコはもうやめたからよし)

ここしばらくはスムーズに通り過ぎることが出来ておりました。


が、今回、久々に、ブーーー。


原因は車のキーに着けていた「ミニアーミーナイフキーホルダ」

そりゃいけません。そりゃ止められます。

止めない方がおかしいです。ごめんなさい。

本来は処分されるところだけど、出発時刻までまだ時間があったので、

その5㎝ほどのミニアーミーナイフキーホルダーは専用箱に入れられ、

係の方と一緒に荷物を預けるところへ預けにいったのでした。
a0258839_2105166.jpg
記念の専用箱。


空港でこれを持っている人は、

機内へ持ち込んではいけないものを持ったまま保安検査に挑んだ

うっかりさんの可能性大です。

うふふ。







帰りはうまくいったよ。

.........................................................................................................................................................................................
by gen-pk2 | 2013-02-04 20:42
<< nakizin 天気と荷物 >>